この記事は約 6 分で読めます。

一度はあきらめた自然分娩。私の闘志を駆り立てたのはうるさく鳴り響く○○

闘志

痛みに耐えながら車に乗り込み、母の運転で病気に向かいました。
午前2時頃でした。深夜病院へ
病院まで15分ですが、痛みがピークになり、病気に着いた時には1人で歩く事は出来ず、車椅子で陣痛室に運ばれました。ベッドに移されてすぐに、赤ちゃんの心音を見るための機械を付けられ、脈を測ったりとバタバタと看護婦さんが動いている最中、痛みが少しだけマシになっていきました。

陣痛の間隔も、少しずつ開いていき、5分間隔だったものが、10分、15分となりました。これでは上手く陣痛がつかずに、子宮口が開かれないため、私は立ったりして少し動いてみました。
しかし、痛みが来た時には、顔が歪んでしまう程痛く、思わず声が出てしまったりしていましたが、そこから20時間、ごはんも食べられずに、水分と〔8月だったので〕軽いおやつぐらいで、暑さと辛さと痛みに耐えながらも、祖母や母に背中を押してもらって、随分楽になりました。

走る旦那さん旦那さんは、1度、病気に来てくれて、夜中ずっと背中を押してくれたのですが、なかなか生まれそうになかったので、朝になって、一旦仕事へ行くことになりました。きっと、旦那さんも初めてだらけでしたから、仕事どころじゃなかったと思います。旦那も美容師ですので、接客をしている間に生まれてしまうかもしれないと、内心焦っていたと、後から聞きました。そんな胸中を察してくれていたのか、お腹の赤ちゃんは、パパが仕事が終わる夕方まで、待ってくれたのかもしれません。

それから17時頃に、やっと子宮口が開きはじめ、もう分娩台に行きましょうと先生が言って、旦那さんもちょうどタイミング良く病院に駆けつけてくれて、一緒に分娩室に入りました。

分娩室の中は、妊婦講習会で1度中を見させてもらっていたので、分娩台は見た事があったのですが、実際にそこへ痛みに耐えながら足を上げて乗るのはかなりキツかったです。
最近では、陣痛室からベッドでそのまま分娩室へ入れるベッドもあるそうで、そんなやつがあれば良かったと思いつつ。。。

必死で分娩台によじ登り、上向きになると、痛みが前より強くなったように感じて、一気に体の力が入ってしまい、思わずいきんでしまいそうになりました。
先生が何度も、まだいきまないで!と言い、私はこらえるのに足がつりそうになっていました。

正直そこまで20時間以上もかかっていましたし、痛みや疲労でイライラがMAXになりつつありましたが、心の中で(くっそー!)と思いながらも声はあまり出さないで頑張っていました。
助産師さんが『さすがですね、この前の若い子は叫んだり騒がしくし過ぎて、うるさい!って怒られてましたから』と、一応褒めてくれたようなのですが、それどころじゃなかった私は、(とにかく早く生ませてくれ〜)って叫びたかったです。出産辛い

1人のベテラン助産師さんがずっと私に付いていてくれて励ましてくれたり、腰を押してくれたりしてくれました。
助産師さん同士の会話の中で、このベテラン助産師さんの勤務時間は、とっくに過ぎているらしい事がわかりましたが、帰ろうとする事はなく、ずっと私に寄り添ってくれていました。

実は何回かカットを担当していたお客様でした。そんなこともあってか、ずっといてくれてとても心強かったです。

痛みに耐えながら2時間程が経ち、先生も行ったり来たりしながら様子を見て、促進剤を使いましょうか?と言って、旦那さんに確認していましたが、ちょうどいい陣痛が来てくれて、とりあえず一回いきんでみて!と、言われました。

やっといきめると思いつつ、どれくらいの力でいきんで良いのかわからなかったので、お腹に力を入れてみましたが、全く出てくる気がしませんでした。それから陣痛に合わせて何度も何度も繰り返しいきんでみましたが、全然生まれそうになく、すでに3時間が経ち、体力的にも限界でした。

旦那さんに伝えたのが、『もう自然分娩は無理やと思うって言って』でした。つまり、帝王切開して欲しい!と思い、切ってくれ!と、頼みました。
帝王切開
けれど先生は『まだ、赤ちゃんの心音も安定してるから大丈夫大丈夫、下から生みましょう』と言いました。

その日は、偶然にも病院の近くの花火大会で、ちょうど8時頃から外で花火の音が聞こえてきました。時折大きな花火が上がり、分娩室にも音が響く感じでした。
バンバンと音がする中、痛いのと、切ってくれない先生に苛立ったのもあるかもしれませんが、花火の音がうるさくなってきて、もう何が何でも自力で生まなくては、いつまでも終わらないと覚悟して、今までよりも、スーパーMAXでいきみました。
花火
そしたら、なんだか、股の辺りなのか、お尻の辺りなのかわかりませんが、あったかいものが動いていました。
先生が『あ、頭が見えましたよ〜もう少し!頑張って!』と言いました。
旦那さんが下に回って下からの実況中継をしてくれ、『あ、見えた!見えた!』とか、『おー、すごい!』とか、言ってくれて、なんだか私も産めそうな気がしてきて、先生が『じゃあ、破水させましょう』と言って、なんだか、パンッと何がが破けてあったかい水のようなドロッとしたものが出てくる気がしました。

外では、花火大会もフィナーレで、音が続けて鳴り響いていました。うるさくてうるさくて、あー!もう!うるさい!って叫びたかったです。そしてその気持ちに便乗する形で、思いっきり、顔の血管が切れて目が血走って、まるではんにゃだったと、その時の様子を後で旦那さんに冷静に言われるくらい、サイヤ人にでもなるのか?ぐらいにウォー!!!っと声が出そうなくらいにいきみました。

21時2分、花火大会のフィナーレと共に怒涛の乱れ花火が鳴り響く病院内で、雄叫び(抑え気味の)と共に股から何回転もしながら、男の子が生まれました。
しかし、生まれたはずなのに、赤ちゃんの『ウンギャー』と言う声が全く出てしなかったので、不思議に思って、赤ちゃんの方を見てみたら、色がまむらさきで、何がなんだかわからなくて怖くて、『赤ちゃんは?赤ちゃんは?』と必死で叫んでいました。
男児出産
小児科の先生までやって来て、慌ただしくなり、私は私で、長時間の出産で出血が多かったらしく、真夏なのに体の芯から冷えているような感じで、輸血と体力回復のために、栄養剤の点滴を両方の腕にし始めていて、動く事ができず、股の縫合にも、ずいぶんと時間がかかっていました。なのに、赤ちゃんの事が気になって仕方がなくて、旦那さんに見に行ってもらっていました。

しばらくして、ほわぁーっと声が聞こえた気がして、そっちを見たら、さっきまで真っ青だった赤ちゃんは、ピンク色になって旦那さんが抱っこして、私のところに顔を見せに来てくれました。私は、手を動かせなかったので、頭だけ動かして、赤ちゃんの顔を見ました。だけどすぐに、赤ちゃんは念のためにと保育器の中に1日だけ入る事になり、一緒にカンガルー抱っこして写真を撮る事は出来ませんでした。

その後も、私の縫合処置やら、点滴やらの間、寒くてたまらなかったので、真夏に毛布を掛けてもらって、そのまま2時間ぐらいでしょうか?部屋に帰るまで、なぜか涙があふれ、止まりませんでした。

お母さんありがとう処置が終わる頃に、母が私のところに来てくれました。母は、泣いて私に、『よく頑張ったな!』と言いました。もともと母とは、性格が似ていて気が合わないところがあり、仲良し親子みたいではなかったのですが、この時は、本当に母に感謝しました。本当に大変な思いをして生んでくれて、ありがとうと、心の中でつぶやきました。

お母さんに、素直にそう言える日がいつか来るかもしれませんが、私も、子供たちにそう言ってもらえるように、ずっとこの子を守ると誓いました。

スポンサードサーチ

体験談関連キーワードから探す

一度はあきらめた自然分娩。私の闘志を駆り立てたのはうるさく鳴り響く○○へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。


他の口コミ・評判

前田産科婦人科医院へのくちコミ・評判 (ぽちこさん)

いつも混み合っていて、早朝6:30~その日の直接予約記入ができます。
院長先生をはじめ、日替わりでいる先生方も親切に向き合ってくれます。

知人に話しても、この病院の評判はとても良いです。

ただその一方で、受付の方の対応が無愛想で高圧的な方がいるのが非常に残念ですが。

横関産婦人科医院へのくちコミ・評判 (山中香織さん)

生理前の頭痛やイライラで通院しています。
漢方薬と内診で治療しているのですが、1週間毎の通院で、最初は戸惑いましたが、次の生理の時には、頭痛がいつもよりましになりました!頭痛外来に通っても良くならなかったのに、婦人科と関係あるとは思ってもみませんでした。時間とお金はかかりますが、花粉症なども一緒に診ていただけるので、他の病院に行かなくてもよく助かっています。

はぐくみ母子クリニックへのくちコミ・評判 (かいりママさん)

妊娠検査薬で反応があり、受診希望なんですが、希望日時の予約が✕でした。待つのを覚悟で予約なしで伺っても良いですか?

川口クリニックへのくちコミ・評判 (彩香さん)

[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

事前に予約を入れ、初めてお伺いしました。

予約を入れていましたが、かなり待たされました。
45分待っても、呼ばれず・・・

菱田レディスクリニックへのくちコミ・評判 (愛知りなさん)

ご意見ありがとう

産科・婦人科など病院の比較と産婦人科口コミができるサイトです