この記事は約 9 分で読めます。

守護神は旦那さま

守護神は旦那さま

私の初めての妊娠・出産は、想像してたようにはいきませんでした。

小さな赤ちゃんまず検査薬で妊娠がわかり、病院に行きました。「子宮内に妊娠してますね。でも小さいですね。」と言われ嬉しいのと小さいと言う言葉に引っ掛かった事を覚えてます。それでも宿った命大切に育てなきゃ!と思いました。

その3日後、朝トイレに行くと少量の出血があり、不安になり病院に行きました。その時に、「赤ちゃんは無事だけど、もしかしたら流れちゃうかもしれない。」妊娠初期は流れちゃう事があると言う話をされました。その後の検診の度「小さいなぁ。」「小さいなぁ。」と言われ続けてました。基礎体温をつけてなかったのではっきりとした受精日がわからないらしく仲良くした日から考えると受精卵が小さかったみたいです。それでも少しずつ大きくなってる赤ちゃん!「赤ちゃん頑張れ!」「一緒に頑張ろう!」と毎日思ってました。出血から2週間後の検診では心拍が確認出来て、赤ちゃん生きてる!と安心しました。それからは順調に育ってくれていたのですが、その1ヶ月後くらいに今住んでる家では子育てが大変だと思い引っ越しをしました。もちろん、妊娠中なので重い物は駄目だし、あまり動かないように気をつけていました。

ですが、その翌日朝方トイレに行くと今度は少量ではなくトイレットペーパーにびっしりと濃い血が!え?何これ?と何度か試すも血がついてて、ヤバイ、これはヤバイ!と思いつつ少しずつトイレットペーパーにつく量が減っていたのでナプキンをあてて様子を見ようと思いまた横になりました。出血その後また起きてナプキンを確認すると、全くと言っていいほど血はついていなかった。あぁ良かった。さっきのは何だったんだろう。と気にはなったけど、血が止まったなら大丈夫!と思い、その日を過ごしていました。だけどだんだんと気になり始めて、出血続いたら流産の危険があると自分では思ってて止まったから大丈夫だ!と思っていたけど、ふと、あれ?赤ちゃんは大丈夫?赤ちゃんは生きてる?と気になりだしたら不安で不安で。

その日は日曜日だったので掛かり付けの救急外来に電話して、事情を説明。電話は警備のおじさんだった為、「気になるようでしたら救急外来受診して下さい」と言われ直接先生の話聞かないと駄目だと思い、旦那さんと一緒に病院へ行きました。いつもの先生はいなくて当直の産科ではない先生に説明し、院内にいる産科の先生に連絡してくれてすぐ診察してくれる事になりました。

別の階に移動するのに車イスに乗せられました。そして、説明して診てもらうと、「赤ちゃんは大丈夫!元気にしてるわ!」と言われ一安心。

その先生は経過が見たいから入院して欲しいという事でそのまま入院となりました。ベッドに移動してから看護師さんによる一通りの検査が始まりました。熱と血圧を測った後に赤ちゃんの心音を聞く機械を持ってきてお腹の上をするすると滑らせて赤ちゃんを探す。お腹の音なのか機械の音なのかわからないけどコォーってなってる所にドクドクドクドクと早い間隔で何か聞こえて、これってもしかして……赤ちゃんの心音?旦那さんと顔を見合わす!看護師さんの「あ、いた!」で確信に変わり涙が出ました。初めて聴いた我が子の心音。ここにいるよ!頑張ってるよ!と思えてきて更に感動。赤ちゃんありがとう!ごめんね。と反省。翌日いつも検診でみてくれてる先生が診察してくれて、どうゆう状況かを説明してくれました。

妊娠中動きすぎ私は一年前に子宮頚管の円錐切除手術をしていて、そこがまだ完全に元の状態に戻っていない所に引っ越し作業で階段の上り下りだったりと動き過ぎた事で擦れて出血したようです。だから出血しやすいかもだし、また出血するかもしれない。何かあれば連絡だったり、受診するとかして下さい。人より切迫早産になりやすいので臨月近くなったらまた相談しましょう。と言う事で退院しました。自分が思ってる以上に動いたら駄目なんだなぁと思いました。赤ちゃんが無事でいてくれた事に感謝です。

そうして、また順調な検診が続きました。なかなか胎動が感じる事が出来なくて赤ちゃん無事だよね?と不安になる時もあったけど、大丈夫大丈夫!と、そんな時ポコっと何かを感じ、これはもしかして!と胎動を感じられるようにもなり、赤ちゃん動いてるのね~と喜びがまたひとつ増えました。

旦那さんには味わう事の出来ない喜びだけど、なんとか味わって欲しくて、でもなかなか上手いことタイミング合わなかったです。その内触らなくてもわかるくらい動き出すよぉと聞いていたのでその日がくる事をとても楽しみにしていました。お腹もやっと出てきたけど、周りの知らない人からすれば妊娠だとは思われないくらいだった気がします。それでも7ヶ月頃にはもう少し出てたかと思います。

そんなこんなでパートの仕事もだいぶ減らしてたある日、休みだったけど用があって職場に顔を出し、その後甥っ子姪っ子の所へ遊びに行きました。お昼頃におりもののような物が出たのがわかりました。少しおりものにしては量が多かった気がしたけど、それほど気にしなかった。その後も何度かちょろっと出てはいておりものシートをその度に替えていたけど、いつもより頻度が多かったので普通に生理用のナプキンに変えてみました。今日はやけに多いなぁ。もしかしてこれって尿漏れ?!と、出産経験者のパートのおばさん達が妊娠中に尿漏れもあったとか言う話を思い出しました。だけど、夕方になる頃には「ちょろ」ではなく「ジョッ」というような感じになっていて少し気になったが明日丁度妊婦検診だからその時聞いてみようと思っていました。青ざめる妊婦

そして家に帰りネットで調べてみると、おりもの・尿漏れ・破水とありました。え?破水ではないよね?!だってまだ26週。でも、もし破水だった場合そこからバイ菌が入ってしまうかもと書いてあり、より不安になりました。夜遅くに母に電話するもネットと同じ事を言っていたので、明日の妊婦検診予約時間よりも早く行こうと思い寝ました。

朝方トイレに行くと、尿とは別にジャァーと出て、え?今の何?!おしっこじゃないよね?!その後も布団に戻っては少し寝てまたトイレを繰り返してその度にジャァーと出ました。便器を見ると水の中に白く煙のような感じがありました。これって羊水なのかな?と少し冷静に、とりあえずは今日の検診で聞こう!と思いまた横になります。

そして、いざ病院へ!病院へ行く間も尿検査の時もその症状は出ませんでした。先に助産師さんと話し、色々測定し、もうすぐでクリスマスとお正月を控えていたので、会話は体重増加の話になりました。今までそこまで体重の増えていなかった私に看護師さんが、「これならクリスマス・お正月はちょっと食べても大丈夫!」と言われ喜びながらも昨日の話をします。

助産師さんはそれは大変と急を要するような反応ではなく、「そっかぁ。先生にも話してみてね。」と言われ去り際にはクリスマスにお正月楽しんでねと言うような感じでした。そんな楽しかった会話が嘘かのように次に呼ばれて先生と話す時には、部屋に入るなり座る間もなく「昨日から何か出てるって?」と切り出され昨日の事を話す。赤ちゃんエコーで診る前に先に下から診るね。台の方にお願いします。と早々と診察が始まり台に上がりました。「お母さん、今日はもう帰れないわ。旦那さんか誰かと連絡とれる?」と入院が決まりました。

その後エコーで赤ちゃんは元気にしてる事がわかり少しほっとしました。周りの看護師さん達が病室の確保やらで慌ただしくしていたのが印象的でした。診察室を出るなり車イスが用意してありそのまま病棟へ行きました。看護師さん達の連携がすごくて、病棟の階に着くなり交代で別の看護師さんが色々してくれました。処置部屋が空いていなくて分娩室で点滴の準備や諸々。ここで旦那さんに連絡しました。なんか声を聞くと不安か安心なのかわからないけど泣きそうになった。そして会社は早退して来てくれました。心配そうに見守る旦那さんの顔、「大丈夫?大変だったね。」と気遣ってくれる声を聞くと更に泣きそうになった。

医師からの説明そして先生が説明しに来ました。そこでは、これから起こり得る事に対しての説明と承諾でした。まだ26週で胎児もまだ成長の途中である事、その為にまだ産まれてこないようにお腹の中にいてもらうようにします。だけど万が一出産になった時に逆子だったら帝王切開になります。緊急時は全身麻酔で帝王切開になります。うちの病院では、一度帝王切開してると、次の出産も帝王切開になります。産まれてきた赤ちゃんに何らかの障害、機能障害などがある場合もあります。それは週数が小さければ小さいだけリスクが高まります。とりあえずは28週を目標にして頑張りましょう!その後は30週など、徐々に延ばしていきましょう!と色々説明された中で覚えてるのはこれくらいです。不安だったけど、赤ちゃんに伝わると悪影響だし、何となく大丈夫!と思えていました。このまま切迫早産で予定日まで入院かと思ったら大変だなぁと思い、クリスマスも年越しも病院かぁ。年賀状も書かなきゃ等と考えていました。赤ちゃん、まだお腹の中で頑張ろうね!とその日陣痛もくる事なく無事終わりました。

そして朝になり歯磨きしてる所に看護師さんがきて、赤ちゃんの心拍の確認をする。心音が聴けるから個人的に好きな検査。昨日も何回か検査してたんだけど、よく動いてるみたいで看護師さんも赤ちゃん見つけるの一苦労な様子だったから、今日の検査も苦労してるなぁと思ってました。しかし、なかなか終わらず別の看護師さんにお願いしたりしてて、その内先生もきて、もう少し様子見てと言われていたから少し気になり始めました。また先生達がきて、心音だけじゃわかりにくいのかエコーの機械持ってきてと言っていました。そして「お母さん、今ね赤ちゃんの心拍見てたんだけど弱くなってる時間が長いんだよね。弱くなって戻って~の繰り返しならまだいいんだけど、弱~くなってる時間が長くてなかなか戻らない状態が続いてるんだよね。このままだと赤ちゃん苦しいからもう出してあげないと危険なので、緊急帝王切開します。これから手術するので、旦那さん連絡つくかな?」と手術室に行くための台が運ばれてきたりして、私は朝の7時すぎに旦那さんに連絡をした。

「え?今から?!」と電話で起きた旦那さんも急な事にびっくりしていました。もう今から手術室に行くから、着いたら看護師さんに聞いてと言うと「わかった、頑張ろうね」と言われ電話を切り上半身裸になり台に寝そべりました。周りは慌ただしくバタバタと事が進み私はただ指示に従うだけ。これから赤ちゃんが産まれる。産まれる?!産まれる!と上手く伝えられないけど、よくわからずにこれからただ帝王切開と言う手術が始まる事だけはっきり理解していました。

手術室に行くと色んな先生や看護師さん達がいた。これから始まる手術の為に手足同時進行に準備が進む。寒さからか不安や恐怖からか小刻みに震えていたのを覚えています。心は平常心で先生や看護師さん達の問い掛けにはしっかり答えていたと思います。本当不思議なもので、逆から10数えて下さい。から、名前を呼ばれるまであっという間でした。全身麻酔は初めての経験だったので、話に聞いてた通りでした。無事生まれた赤ちゃん「赤ちゃん無事産まれましたよ」と言われ一目見ることもなくNICUへ。手術室を出る頃から涙が止まらなく流れていました。その途中そっとお腹に手を当ててみるともう赤ちゃんいないんだぁ。まだ産まれるには早かったのに産んでしまってごめんね。小さな体で産んでしまってごめんね。そう思うと余計止まらなかった。あの涙が溢れ出て止まらない感じがすごく不思議な体験でした。何で泣いているのかわらなくて、でも意識はしっかりしていて手術前のように受け答えは出来ていて、これが出産と言う事なのでしょうね!涙はその後もしばらくは流れていました。その間旦那さんと対面すると少しずつゆっくりと落ち着いていきました。

手術した日がピークに痛かったし、こんなきついのもう無理!と思ったけどやっぱりあの痛みはすぐ忘れるのですね。623グラムで産まれた我が子も今のところ何の問題もなくすくすくと育っています。NICU・GCUに子どもだけの入院生活が3ヶ月と続きましたが我が子の生命力に驚かされる日々と色々な事が出来るようになる成長の様子や初めての色々に喜ぶ日々。

当時は大変だったけど無我夢中で病院に通っていました。今となってはいい思い出です。最初はお腹の赤ちゃんに早く会いたいなぁと思っていた自分のせいでこうなったんだと良くない捉え方をしていたけど、全員が全員経験する事の出来ない貴重な経験が出来たとプラスに思えたり、私達に早く会いに来たかったのね、と勝手に思えた事で前向きに頑張る事が出来ました!後は旦那さんの力。旦那さんの協力なしではここまでこれなかったと思います!旦那さんの力

スポンサードサーチ

その他関連キーワードから探す

守護神は旦那さまへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。


他の口コミ・評判

前田産科婦人科医院へのくちコミ・評判 (ぽちこさん)

いつも混み合っていて、早朝6:30~その日の直接予約記入ができます。
院長先生をはじめ、日替わりでいる先生方も親切に向き合ってくれます。

知人に話しても、この病院の評判はとても良いです。

ただその一方で、受付の方の対応が無愛想で高圧的な方がいるのが非常に残念ですが。

横関産婦人科医院へのくちコミ・評判 (山中香織さん)

生理前の頭痛やイライラで通院しています。
漢方薬と内診で治療しているのですが、1週間毎の通院で、最初は戸惑いましたが、次の生理の時には、頭痛がいつもよりましになりました!頭痛外来に通っても良くならなかったのに、婦人科と関係あるとは思ってもみませんでした。時間とお金はかかりますが、花粉症なども一緒に診ていただけるので、他の病院に行かなくてもよく助かっています。

はぐくみ母子クリニックへのくちコミ・評判 (かいりママさん)

妊娠検査薬で反応があり、受診希望なんですが、希望日時の予約が✕でした。待つのを覚悟で予約なしで伺っても良いですか?

川口クリニックへのくちコミ・評判 (彩香さん)

[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

事前に予約を入れ、初めてお伺いしました。

予約を入れていましたが、かなり待たされました。
45分待っても、呼ばれず・・・

菱田レディスクリニックへのくちコミ・評判 (愛知りなさん)

ご意見ありがとう

産科・婦人科など病院の比較と産婦人科口コミができるサイトです