この記事は約 7 分で読めます。

逆子ちゃんが逆子になった理由?!


私にとって、第一子である娘の妊娠。それは、間に一度貧血と診断されたくらいで、母子共に順調な妊娠生活でした。そう。ある一点の疑惑をのぞいては。

それは、7か月目くらいの妊婦健診のこと。エコーを見ながら先生がおっしゃいます。「うん、順調そうですね!ただ、うーん。ずっと逆子だなあ。」「やっぱり?そうですよね。」そう、わかっていました。赤ちゃんの頭がずっと、私のお腹の上の方にあるということ。自分でも薄々気になっていたけれど、それでもまだまだ赤ちゃんも動く時期だし、最後まで逆子のままのケースは、全体の数パーセントだというし。いつか、いつかはおさまるべきように、赤ちゃんも下に頭を向けるだろう。と、そう思っていました。けれど、臨月になっても一向に逆さまのままです。「うーん。まだなおらないですねえ。」と言われ、段々私も不安になってきました。

臨月に近づくと、それまで健診に通っていた近所の病院から、提携している分娩設備のある大病院へ移りました。その大病院では、妊婦健診は、医師と助産師さんが交代で診察と面談をしてくれます。そして、助産院や個人病院など、その場所によって方針は色々あるはずですが、「うちの病院では逆子の場合、生まれてくる赤ちゃんの安全を最優先して帝王切開を行うようにしています。」という説明を聞くに至ったのです。大変なことになってきた、と、その時いよいよ思いました。

初めての手術は怖いし、何より、「普通に出産できない」ということが、ショックでした。これから先、また機会があるかどうかもわからない。もしかしたら、最初で最後の出産になるかもしれない。古今東西に語り継がれている出産の大変さも味わってみたかった。自分の力で、自分のタイミングで生まれてこようとする赤ちゃんの、もともと持っている力を精一杯応援したかった。一緒に苦しみながらも、頑張って自分たちの力で産みたかった。不安と落ち込む気持ちで、いっぱいになりました。逆子に効くツボがあるというので、生まれて初めて鍼治療もしてみました。けれど、赤ちゃんの向きはなおりません。一向に逆さまのままです。あんまり考えて不安になると赤ちゃんにも自分の心にもよくない気がして、考えすぎないように、落ち込まないように過ごしていました。でも気になる。本当に逆子、なおるのかな。私、その少ない数パーセントになるのかなあ。私が何か悪かったのかな。そんなことをぐるぐる思いながら、日が過ぎていきました。

そんな時、ある日の妊婦健診で助産師さんが、「不思議でね」と、あるエピソードを話してくれました。この間、これからお姉ちゃんになる娘さんを連れたお母さんが、健診にいらっしゃったそうです。第一子の娘さんの時は私と同じように逆子で、帝王切開。今回の妊娠は、赤ちゃんは正常に頭を下にしていて(一度帝王切開で出産すると、その後の出産時も子宮が耐えられない可能性があり、帝王切開となるケースが多いそうです)お母さんはこれから生まれてくる第二子の赤ちゃんは、どうしても経腟分娩で産みたい、と熱心にその旨を伝えていらっしゃったそうです。

すると、ついてきていたお姉ちゃんが「赤ちゃんって、お腹の中で逆さま?頭が下なの?」と聞き出したそうです。「うん、そうよ。」とお母さんが答えると、「え、だってそんなのおかしいよ、おかしいよ」と、一生懸命言い出したそうです。「だって、それじゃお母さんと同じものが見えないよ」「!」それは、お母さんも初めて聞く話だったそうです。「あなた、それでずっとお腹の中にいた時、頭を上にしてたの?」「そうだよ」「えーー!」お母さんと助産師さんは、2人でとっても驚いたそうです。

その話を聞きながら、涙がぽたぽた落ちてきました。不思議ですよね、体は繋がっているのに、赤ちゃんはちゃんと一人の人なんですよね。と、助産師さんは穏やかにおっしゃってくれました。あたたかい気持ちになって涙が流れながら、よし、もう、悩むのはやめだ。と思いました。この子の理由があって、きっとこの子の一番良いようにしているんだ。もう不安にならずに、最後まで安心して付き合うぞ!と、その話を聞いて覚悟が決まりました。

そうして、帝王切開に臨みました。私のいた病院は、帝王切開でも立ち会い出産をすることが可能でした。前日の午後から入院すると、病棟の色んなところから、生まれたての赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。それはどれも、うるさい、というには程遠い、なんだか聞いていてとても落ち着く、かわいらしい声たちでした。不思議、こんなに落ち着くとは思わなかった…と思いながら、緊張しながらもその日は眠りに就きました。

翌日、手術の時。車イスに乗って、待機してくれている家族たちに手を振りながら手術室に向かいます。逆子の場合、そのまま経腟分娩になると、赤ちゃんはまず足から外に出ることになるのですが、最後に頭が引っかかると頭に酸素が供給されなくなり、それが赤ちゃんにとって危険であるため、余裕を見て予定日より少し早く帝王切開の手術をします。赤ちゃんにとってはまだその時ではないため、陣痛もないまま、実感のつかみどころのないまま運ばれました。入った手術室はピカピカしていて、宇宙船の中みたい。色んな機械やモニターがあって、看護師さんが「大丈夫ですよ、安心して落ち着いてくださいね」と声をかけてくれます。が、ここはやはり、手術室です。そう笑顔を向けてくれた先から、「これ、〇〇しといて」「はい!」と、落ち着いた中にもシビアな緊張感が走る場所で、やはりドキドキしてきます。

モニターを取り付けてもらった後、腰から下の局所麻酔を打ちました。私は普段、バファリンなんかも飲まないくらいに薬に縁なく生きてきたのですが、それもあってか、麻酔が体の中に入ってすぐ頭がグラグラし、呼吸もはあはあと乱れしんどくなってきました。混乱する頭で何を思ったかというと、テレビでたまにある、アフリカか何処かのゾウやライオン等、大型の野生動物が麻酔の入ったライフルで打たれ、しばらくしてよろよろしながら地面に倒れこむ、というシーン。そうか、麻酔ってこんなにしんどかったんだ…かわいそうなゾウ、かわいそうな野生動物たち!…と混乱する頭で思いながら、「大丈夫ですよー!落ち着いて息をしてね」など声をかけてもらっていました。そこにふと、白い滅菌キャップをかぶって、マスクは鼻の上まで、ゴム手袋をつけて、ピンクのスモッグを着た給食のおばちゃんみたいな人が入ってきました。それはよく見ると夫でした。夫のそんな姿なんて見たことがなかったから夫とは気付かず、気づいてめちゃくちゃに笑ってしまいました。笑っていると夫が、「奥さんが不安がっていらっしゃるようです、と言われたよ」と言って横に座るので、「いや、あのね、麻酔がね」と、滑稽にも要領の得ない会話をしていました。

そうこうしている間にも、医師の皆さんの手により手術は進み、もうすぐで赤ちゃんを取り出しますからね、と声がかかりました。無事に生まれてきてくれたら、それでもう本当に良い。強く思いました。「今、赤ちゃんに息をさせていますからね」今、物凄く、大事なことが行われているんだ。そうはっきり感じた瞬間、ドキドキして涙が出てきます。

生まれてきた赤ちゃんは、大きな声で元気に泣いてくれました。こんなに大きいんだ、と思える声でした。良かった、とまた涙が出ます。体をきれいに洗い私の胸の上に乗せられると、うわあんと泣きながら、私の目を見ながらすぐにおっぱいに吸いつきました。その力が思ってたより、ずっとずっと力強く、思わず、痛!と口から出ました。後から思うとその時はまだ絶賛お腹を縫ってもらっている最中で、よく考えるとそれより遥かに痛いことが行われていたのになあ、とちょっと笑えてしまいます。夫はというと、赤ちゃんを見てすぐ「もじゃもじゃだねえ」と笑っていて、え?と思って見ると、確かに生まれたての赤ちゃんとは思えないほど髪がしっかり生えていて、一番の感想がそれなの?!と2人で笑ってしまいました。赤ちゃんは、逆子で帝王切開で生まれてきたからか、頭の形がとってもきれいとみんなに褒められていました。

私の出産は、このように終わりました。出産の形はきっと十人十色で、自分だけでするものじゃないから、沢山の予想外や思いがけなさに出会いながら、進んで行くものなのでしょう。でも、どんな形でも赤ちゃんが生まれてきてくれたらそれが全てで、赤ちゃんもお母さんも頑張らない出産なんて、きっとないはずです。そして、どんな形であっても、誰の力も借りない出産もまた、無いのだと思います。その時は私も必死でそこまで気がまわらなかったけど、無事に取り上げてもらったことを、今とても感謝しています。帝王切開だったおかげで、少し落ち着いて赤ちゃんが生まれてくるまでの間を感じたり、夫とも、ゆっくり会話をしながら赤ちゃんに会う余裕があったかもしれません。色んな方の力をかりた出産でしたが、その有り難さを嬉しく感じています。

後に先生に、何か逆子のままだった理由って、ありそうでしたか?と訊いてみると、「いや、特にこれと言ってなかったですねえ」とおっしゃっていました。今、娘は1歳3か月。お話ができるようになったら、お腹の中で、どんな風に過ごしていたの?とたずねてみるのをとても楽しみにしています。

スポンサードサーチ

体験談関連キーワードから探す

逆子ちゃんが逆子になった理由?!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。


他の口コミ・評判

前田産科婦人科医院へのくちコミ・評判 (ぽちこさん)

いつも混み合っていて、早朝6:30~その日の直接予約記入ができます。
院長先生をはじめ、日替わりでいる先生方も親切に向き合ってくれます。

知人に話しても、この病院の評判はとても良いです。

ただその一方で、受付の方の対応が無愛想で高圧的な方がいるのが非常に残念ですが。

横関産婦人科医院へのくちコミ・評判 (山中香織さん)

生理前の頭痛やイライラで通院しています。
漢方薬と内診で治療しているのですが、1週間毎の通院で、最初は戸惑いましたが、次の生理の時には、頭痛がいつもよりましになりました!頭痛外来に通っても良くならなかったのに、婦人科と関係あるとは思ってもみませんでした。時間とお金はかかりますが、花粉症なども一緒に診ていただけるので、他の病院に行かなくてもよく助かっています。

はぐくみ母子クリニックへのくちコミ・評判 (かいりママさん)

妊娠検査薬で反応があり、受診希望なんですが、希望日時の予約が✕でした。待つのを覚悟で予約なしで伺っても良いですか?

川口クリニックへのくちコミ・評判 (彩香さん)

[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

事前に予約を入れ、初めてお伺いしました。

予約を入れていましたが、かなり待たされました。
45分待っても、呼ばれず・・・

菱田レディスクリニックへのくちコミ・評判 (愛知りなさん)

ご意見ありがとう

産科・婦人科など病院の比較と産婦人科口コミができるサイトです